交通機関での座席はどっち?窓側か通路側か?

窓側なら景色を楽しめる

旅行では、移動も楽しまないといけません。海外となると、移動で1日以上もあります。すべて寝るだけではもったいないです。移動を楽しむなら、やはり窓側の席がいいでしょう。風景が見られます。鉄道であれば、いろいろな景色の変化が楽しめます。その途中にある名所が見られるかもしれません。新幹線は、走行区間によってはトンネルが多く、あまり景色を楽しめない場合もあります。バスも高速バスだと、道路の壁が邪魔をして景色が見られない場合もあります。飛行機は電車などとは異なる景色が見えますが、上空まで行くと空しか見えません。特に、翼付近になるとあまり楽しめないので、景色を楽しむために選ぶなら翼部分を避けます。機種によって座席位置が変わるので機種も調べておきましょう。

通路側は気を遣わずにくつろげる

旅は道連れとも言います。旅先でいろいろな人と出会い、情報交換をするのも楽しいでしょう。でもすべての人とコミュニケーションをとるわけではありません。一人旅で交通機関を利用するとき、隣に知らない人が来ます。その人と友達になるとは限りません。あまり気を遣わないのが通路側です。長時間の移動であれば、トイレのために席を立つ回数も多くなります。通路以外だと、そのたびに断りを入れないといけません。寝ている人を起こさないといけない場合もあり、かなり気を遣います。車内販売を買うときも、通路側だと買いやすいです。交通機関によっては窓からの景色を楽しめない場合もあります。それならあえて通路側を選ぶのもいい手と言えるでしょう。