海外旅行でトラブルに見舞われた時の対処法

旅行会社はトラブル時にも頼りに出来ます

海外旅行を敬遠している方の多くは、現地でのトラブル時の対応が分から無いと言う点に不安を抱かれているかと思います。 確かに日本国内でもトラブルにあった際には対応に慌てふためくものですが、それが海外であれば尚更と言えるでしょう。 しかし、緊急時の対応の仕方さえしっかりとわかっていれば、日本にいるのと変わらずに対処が行えます。 海外旅行中にトラブルに見舞われたら、まずは旅行会社に相談を行いましょう。 大手の旅行会社であれば、現地に支店などを設けている場合が多く、顔を合わせて対処の方法のアドバイスを受ける事が出来ます。もちろん、日本語対応が可能なスタッフが常駐しているので言語面での不安があるという方も安心です。必要に応じて、関連する場所とも連絡を取ってくれるので安心して任せられます。

大使館の有無と連絡先は要チェック

もしも、旅行会社を通した海外旅行で無い場合でも頼れるところはあるので、心配はいりません。 個人旅行において海外でトラブルに見舞われたら、日本大使館に連絡を行いましょう。 大使館と言うと普段の生活でかかわる事はまずありませんが、現地に滞在する日本人のフォローをしてくれるので困った際には頼ることが出来るのです。例えば、パスポートを紛失したという場合には帰国用の渡航書を作成してくれたり、お金が盗まれてしまったという場合には日本との連絡方法や送金方法なども適宜アドバイスしてくれます。 ただし、注意も必要で、すべての国に日本の大使館があるというわけでは無いので、渡航の前に大使館の有無、連絡先、場所などはチェックしておくようにしましょう。